サイトマップ

【ルナメアACの安全性】副作用のない大人ニキビ化粧品

 

【ルナメアAC 無添加】敏感肌でも使える肌に優しい大人ニキビケア化粧品

【ルナメアAC 無添加化粧品】口コミでも人気の低刺激な大人ニキビ化粧品

お肌に直接つける化粧水や洗顔料は、なるべく肌に刺激の少ない無添加の化粧品を使いたいですよね。

 

大人ニキビ化粧品のルナメアACは、「香料」・「合成着色料」無添加(不使用)ですので、化粧品の香りが苦手な人、肌への刺激の少ない化粧品を使いたい人におすすめです。

 

しかし、完全無添加ではなく、防腐剤、界面活性剤などの成分は含まれていますので、肌が極度な敏感肌の人、刺激を受けやすい人は注意が必要です。

 

無添加のニキビ化粧品は様々ありますが、「完全無添加」、「一部の香料・着色料のみ不使用」など、無添加にもいろいろあります。

 

もちろん、完全無添加の化粧品が肌にとって一番優しいことは間違いないですが、

完全無添加でも、人によってその他の配合成分で肌に刺激を感じたり、アレルギー反応を

引き起こす場合がありますので、「無添加=安全」とは言えません。

 

また、完全無添加の場合、防腐剤などが含まれていないので、衛生面で不安が残りますし、

あまり日持ちしないというデメリットがあります。

 

ルナメアACは香料・合成着色料のみ無添加処方ですが、その他の添加物に関しても肌への刺激を少なくするために、不要な成分は最低限の配合にすることで、低刺激性をしっかり考えたニキビ化粧品になっています。

 

肌質や人によって、化粧品の配合成分の合う合わない、反応は異なりますので、トライアルセット等で、一度試してみることをおすすめします。

 

【ルナメアAC】 表示指定成分無添加だから安全/安心/低刺激というわけではない理由

よく化粧品の紹介記事や情報で見かける、「表示指定成分」、「旧表示指定成分無添加」とは、何のことでしょうか?

 

 

旧表示指定成分とは

 

・1980年(昭和55年)に厚生労働省(旧厚生省)が、配合成分の表示義務のこと

 

・アレルギー、発がん性、接触刺激などの皮膚障害(肌トラブル)を引き起こす可能性のある「102種類」の成分を表示するよう義務づけたもの。

 

 

 

表示指定成分とは

 

・102種類の旧表示指定成分に、香料を加えた「103種類」の成分のこと

 

 

旧表示指定成分・表示成分無添加というのは、上記の102または103種類の成分が配合されていないことを表します。

 

「表示指定成分一覧」

防腐剤・殺菌剤
安息香酸(安息香酸塩)
イソプロピル メチルフェノール
ウンデシレン酸
ウンデシレン酸 モノエタノールアミド
塩化ベンザルコニウム
塩化ベンゼトニウム
塩酸アルキルジアミノ エチルグリシン
塩酸クロルヘキシジン
オルトフェニルフェノール
グルコン酸 クロルヘキシジン
クレゾール

(クロルクレゾール)

クロラミンT
クロルキシレノール
クロルフェネシン
クロロブタノール
サリチル酸
臭化アルキルイソキノリニウム
臭化ドミフェン
ソルビン酸(ソルビン酸塩)
チモール
チラム
デヒドロ酢酸(デヒドロ酢酸塩)
トリクロサン
トリクロロカルバニリド

(トリクロロ・レバン)

パラオキシ安息香酸エステル

(パラペン)

パラペン

(パラオキシ安息香酸エステル)

ハロカルパン
フェノール
ヘキサクロロフェン
ラウロイル サルコシンナトリウム
レゾルシン
ベンジンアルコール
合成界面活性剤
アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS)
塩化アルキルトリメチルアンモニウム
塩化ジステアリルジメチルベンジルアンモニウム
塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム
塩化ステアリルトリメチルベンジルアンモニウム
塩化セチルトリメチルアンモニウム
塩化セチルピリジウム
塩化ラウリルトリメチルアンモニウム
臭化セチルトリメチルアンモニウム
セチル硫酸ナトリウム
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩類
ラウリル硫酸塩類
アルカリ剤
ジイソプロパノールアミン
ジエタノールアミン
トリイソプロパノールアミン
トリエタノールアミン(ラウリル硫酸トリエタノールアミン)
パラクロロフェノール
ラウリル硫酸トリエタノールアミン(トリエタノールアミン)
酵素類
塩化リゾチーム
保湿剤
ジプロピレングリコール
プロピレングリコール
ポリエチレングリコール
被膜剤
セラック
天然ゴムラテックス
トラガント
ロジン
エモリエント剤 (油分補給剤・皮膚軟化材)
還元ラノリン
硬質ラノリン
酢酸ラノリン
酢酸ラノリンアルコール
水素添加ラノリンアルコール
ステアリルアルコール
セタノール
セトステアリルアルコール
ラノリン
ラノリンアルコール
収れん剤 (細胞膜の透過性を低下させる溶剤)
イクタモール
パラフェノールスルフォン酸亜鉛
乳化剤
ミリスチン酸 イソプロピル
ラノリン脂肪酸 イソプロピル
酢酸ポリオキシエチレン ラノリンアルコール
ポリオキシエチレンラノリン
ポリオキシエチレンラノリン アルコール
ラノリン脂肪酸 ポリエチレングリコール
金属イオン封鎖剤
エデト酸(エデト酸塩)
紫外線吸収剤 (UVカット)
オキシベンゾン
サリチル酸フェニル
シノキサート
パラアミノ安息香酸エステル
ベンゾトリアゾール
酸化防止剤
カテコール
酢酸トコフェロール
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
ブチルヒドロキシアソニール(BHA)
没食子酸プロピル
ホルモン類
エストラジオール
エストロン
エチニルエストラジオール
酢酸コルチゾン
ジエチルスチルベストロール
ヒキセストロール
ヒドロコルチゾン
プレドニゾロン
プレドニゾン
抗ヒスタミン剤・ 消炎剤
塩酸ジフェンヒドラミン
グアイアズレン
グアイアズレンスルホン酸ナトリウム
毛根刺激剤
カンタリスチンキ
ショウキョウチンキ
トウガラシチンキ
ニコチン酸ベンジル
ノニル酸バニリルアミド
染毛剤
ピロガロール
パラフェニレンジアミン
色材・色素
タール色素
アゾ色素(タール色素)
キサンチン色素 (タール色素)

引用:http://home-yasupapa.pya.jp/hyoujisiteiseibunhyou103.html

 

2001年3月以前は、表示指定成分・旧表示指定成分のみ表示義務がありましたが、

2001年4月以降は、全成分表示が義務付けられましたので、化粧品に配合されている成分は全て表示されるようになっています。

 

しかし、全成分表示なったことで、何が配合されているのか全てわかる反面、全ての成分が表示されることで、何が肌に刺激のある成分なのかが、わかりにくくなったというデメリットもあります。

 

全成分配合表示義務になってから、10年以上経っていますので、さすがに「旧表示指定成分無添加」と表示している化粧品は、あまり見かけないですが、「無添加」と書かれていてもどの成分が無添加なのか、完全無添加なのか確認することは必要です。

 

また、無添加であっても低刺激で安心ではなく、自分の肌で試してみないと、実際のところはわからないということです。

 

そのため、敏感肌、ニキビ肌、アトピー肌の人で刺激を受けやすい人は、トライアルキットなどで、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

 

【ルナメアAC 合成着色料不使用】合成着色料は危険?肌に優しく低刺激で安心の化粧品

ニキビ化粧品に書かれている、合成着色料は肌にどんな悪さをするのでしょうか。

 

 

合成着色料(人工着色料)とは

 

・黄色3号などのタール系色素や顔料のこと

 

・毒性があり皮膚炎や色素沈着、発がん性などの危険性がある

 

 

発がん性や皮膚炎、色素沈着などの危険性がある化粧品なんて使いたくないですよね。。

 

合成着色料不使用の化粧品ということは、これらの合成着色料が配合されていないので、肌への副作用や刺激が少ないということです。

 

ルナメアACは肌への副作用や悪影響のある「合成着色料不使用」のニキビ化粧品なので、

低刺激で肌に優しく、安心して使えます。

【ルナメアAC 無香料】肌への刺激が少ないニキビ化粧品でニキビ肌にも安全/安心

ルナメアACは、無香料(香料不使用)のニキビケア化粧品ですが、そもそも香料は肌にどんな刺激を与えてしまうのでしょうか。

 

 

合成香料とは

 

・石油系の原料から作られた人工の香料のこと

 

・合成香料によっては体内に蓄積することがある

 

・発がん性や皮膚炎を起こす危険性がある

 

体内への蓄積、皮膚炎、発がん性のある香料もあり、肌はもちろん体にも悪い成分です。

 

合成香料(人工香料)はもちろんですが、天然香料でも人によっては皮膚刺激や皮膚炎を起こす場合がありますので、注意する必要があります。

 

ルナメアACは香料不使用(無香料)、合成着色料不使用の化粧水で肌に低刺激なので、

安心して使用できます。

 

ただ、人によって肌に刺激を感じる場合がありますので、顔に使う前に、事前のパッチテストをおすすめします。

 

 

【ルナメアAC 低刺激】ニキビ有効成分と高保湿成分で敏感肌でも安心して使える

 

ニキビを悪化させずに改善、予防するためには肌への負担が少ない、低刺激のニキビケア化粧品を選ぶ必要があります。

 

【ルナメアAC ニキビ 洗顔 低刺激】敏感肌/ニキビ肌に効果のある人気の洗顔料

大人ニキビケアで重要なのは、肌への負担が少ないこと(低刺激)、皮脂汚れや毛穴つまり(毛穴角栓)をしっかり除去できること、肌や毛穴をしっかり保湿することです。

 

引用:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/contents/nikibi1.html

 

人気のニキビケア化粧品ルナメアACは、上記の3つの条件をクリアしています。

 

ポイント1 肌への負担が少ない(低刺激)

 

肌への負担となる「香料」・「合成着色料」は不使用(無添加)で、さらに不必要な余分な成分を抑えることで、肌への刺激を最小限にした成分配合(処方)になっています。

 

ポイント2 皮脂汚れや毛穴つまりをやさしく除去

引用:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/contents/nikibi1.html

 

ニキビ改善や予防のためには、毛穴の皮脂汚れや毛穴つまり(毛穴角栓)をしっかり除去する必要があります。

 

しかし、洗浄力が強すぎると肌への刺激となり、逆にニキビを悪化させたり、皮膚に炎症を起こす場合があります。

 

ニキビを改善・予防したいと思ってニキビ化粧品を使うのに、逆に悪化したら嫌ですよね。。

 

ルナメアACは、毛穴よりも細かい繊維状の泡(ファイバースクラブ)が毛穴の汚れを除去してくれるので、強くこすらずにやさしく洗うだけで汚れをしっかり洗い流してくれます。

 

ポイント3 ナノ化技術と独自成分で肌や毛穴の奥まで保湿(ルナメアAC化粧水)

肌への刺激が少なく、毛穴の汚れを除去することがニキビケアには必要ですが、それだけでは不十分です。

 

さらに、ニキビの炎症を抑え、毛穴や肌をしっかり保湿する必要があります。

ルナメアACは独自のナノ化技術でニキビ有効成分、うるおい成分(保湿成分)の「アクネシューター」を毛穴の奥のニキビの元に直接浸透させて、ニキビを集中ケアしてくれます。

 

どんなにニキビ有効成分や保湿成分が優れていても、毛穴や肌の奥まで届かないと意味がないですよね。

 

その点、ルナメアACはニキビの元へ有効成分をしっかりと届けてケアするので、ニキビへの効果が期待できます。

 

大人ニキビケア化粧品を選ぶときは、低刺激、皮脂汚れをしっかり除去、しっかり保湿してくれる商品を選ぶことが大切です。

【ルナメアAC 低刺激 クレンジング ニキビ】大人ニキビ肌に優しいおすすめメイク落とし

大人ニキビがひどくなっても、女性の方ならメイクをしないということは出来ないと思いますし、メイクをした後は出来る限りしっかりと洗い流したいですよね。

 

ただ、洗浄力の強いクレンジングオイル、化粧落とし(メイク落とし)の油分(オイル)が多い場合は、ニキビを逆に悪化させてしまう場合があります。

 

ネット上では「オイルクレンジングは肌への負担や刺激が強い」というような話しを聞くことがありますが、全てのクレンジングオイルが肌に悪影響というわけではありません。

 

肌への刺激の少ないメイク落としを使用して、やさしくゆっくりと洗い流すことで、肌への負担を最小限に抑えることができます。

 

ここでニキビケアで人気のルナメアACクレンジングオイルの口コミをご紹介します。

 

ルナメアACクレンジングオイル口コミ(アットコスメ)

 

化粧水、ジェルクリーム、洗顔とセットで定期購入してます。

 

刺激もないし乾燥しないし、おすすめです。アイラインも落ちます。

 

もう少し大きいサイズがほしいです。。。

 

(乾燥肌 30代)

 

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/10144602/review/506906685

 

 

 

35歳になってから突然ニキビが出来始め悩んでおり、洗顔と一緒にこちらを購入。

 

サラサラとした水っぽいオイルです。

 

これを顔に広げ、湯船に浸かってくるくるしていたら、あら不思議。

 

ザラザラとした汚れがポロポロとれていきます。こちらを使っている間はニキビが出来にくくなりました。

 

少し乾燥しますが、このあとに化粧水と乳液でしっかり保湿をすれば問題ありません。

 

シュウウエムラのオイルに浮気したこともありますが、こちらのオイルに戻ってきました。もう何本使ったかわかりません。手元にないと不安なので、これからもお世話になります。

 

(敏感肌 30代)

 

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/10144602/review/506564998

 

ルナメアACクレンジングオイルは、アットコスメでも「4.8」と高評価のメイク落としなんです!

 

これだけ高評価ということは、メイク汚れをしっかり落として、肌に負担の少ないクレンジングオイルだということですね。

 

ルナメアACのクレンジングオイル(メイク落とし)は、肌への摩擦が少なく、やさしくなでるように洗うだけでメイクを落とすことが出来ます。

 

また、ハーバルモイストエキス(ハーブ由来のうるおい成分を4つ)を配合しており、肌が乾燥しやすい人、ニキビ肌や敏感肌で刺激を受けやすい人にも、おすすめのクレンジングオイルです。

【ルナメアAC 大人ニキビ 敏感肌】大人ニキビ化粧品の良い口コミ/満足度が高い理由

大人ニキビケア化粧品は様々ありますが、肌質によって合う合わないがありますし、敏感肌で刺激に弱い肌質の人だと、ニキビケア化粧品を選ぶときに、より慎重になってしまいますよね。。

 

そんな敏感肌の人におすすめなのが、ルナメアACニキビケア化粧品です。

肌にやさしい低刺激の洗顔料「ファイバースクラブ」

引用:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/products/ac_fiberfoam.html

 

毛穴より細かい繊維状の泡が肌への負担を最小限(低刺激)に、やさしく洗うだけでも、毛穴汚れ、毛穴つまり(毛穴角栓)をしっかり除去してくれます。

 

また、フランス産のクレイ(天然の泥)を配合しているので、余分な皮脂汚れを吸着して、うるおいは残したままで、汚れだけを洗い流します。

 

ニキビを改善・予防しながら肌もうるおす化粧水「スキンコンディショナー」

引用:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/products/ac_skinconditioner.html

 

ニキビへの有効成分やうるおい成分も直接毛穴の奥まで浸透しないと意味がありません。

 

ルナメアACは富士フィルムの独自ナノ化技術で、ニキビ有効成分をナノ化(極小化)した「アクネシューター」が毛穴の奥まで届くので、ニキビを集中してケアしてくれます。

 

また、「アクネシューター」に、ニキビ予防の有効成分「グリチルレチン酸ステアリル」、肌荒れ予防の有効成分「トコフェロール酢酸エステル」を配合することで、肌をいたわりながらニキビを予防します。

 

ルナメアACは低刺激で汚れもしっかり洗い流し、保湿も十分に行えますので、敏感肌やアトピー肌、刺激に弱い肌質の人にもおすすめのニキビ化粧品です。

 

ここで実際にルナメアACを使った人の口コミを紹介します。

ルナメアACの口コミ(アットコスメ)

 

トライアルセットで使ってみて気に入ったので購入しました。

 

泡立ちがとても良く泡立てネットを使って泡立てると少量でかなりもっちりした泡が作れます。肌との摩擦がなく洗えるので荒れている時も優しく使えます。

 

敏感肌の人にも刺激が少なくおすすめです。

 

(敏感肌 20代)

 

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/10064830/review/506721665

 

 

 

刺激なし、洗い上がりつっぱりなし、ニキビも巨大化しないので3本目リピート中です。

 

アクネケアの商品は刺激強めで真っ赤にただれしまうことが多かったのですが、これは全くそんなことなく使えました。

 

生理前にムクムク成長していく口周りのニキビもこれで洗顔するとそこまで大きくならずに枯れていくのでしばらくはこの洗顔を使っていこうと思います!!

 

毛穴の黒ずみも軽減されているらしく、洗顔後のスキンケアで顔のザラつきがなくなっているのも嬉しいです

 

(アトピー肌 20代後半)

 

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/10064830/review/507063643

 

ルナメアACは敏感肌、アトピー肌の人の評判も良いです。

 

ただ、ニキビケア商品全般に言えることですが、肌質によってはどうしても合う合わないがあります。

 

ニキビ化粧水を使ってかゆみが出たり、肌がヒリヒリしてしまう場合がありますので、顔に使う前に事前にパッチテストすることをおすすめします。

 

 

【ルナメアAC ノンコメド】コメドの出来にくいおすすめの大人ニキビ洗顔料/化粧水

 

【ルナメアAC】ノンコメドジェニックテスト/試験済みでニキビの元が出来にくい化粧品

ニキビ化粧品を使ったのに、逆にニキビが出来てしまうのは嫌ですよね。。

 

ネット上でニキビ化粧品について調べていると、「ノンコメドジェニックテスト済み」という表示をよく見かけますが、どういう意味なのでしょうか?

 

 

ノンコメドジェニックテスト(ハイポコメドジェニックテスト)済みとは

 

・コメド(ニキビの第一段階)が出来にくい処方になっている(ノンコメド処方)

 

・コメドが出来にくいことをテスト(試験)している

 

ということです。

 

ルナメアACはノンコメドジェニックテスト済みの化粧品なので、コメド(ニキビの元)が出来にくい処方になっています。

 

ルナメアACは新たなニキビが出来にくい化粧品なので、安心して使えます。

 

ただ、すべてのノンコメドジェニック化粧水に言えることですが、テスト済みだからといって、全ての人にコメドが出来ないというわけではないので、そこは注意が必要です。

 

【ルナメアAC ニキビの元】コメド/毛穴詰まりへ有効成分が直接届くニキビケア商品

ニキビケアの方法を探していると、「コメド(ニキビの元)」という言葉をよく耳にしますが、コメドっていったい何でしょうか?

 

【ルナメアAC コメド(角栓)】毛穴角栓/マイクロコメド/白ニキビって同じ意味?

 

ネットでニキビケア情報を探していると、「コメド(角栓)」「毛穴詰まり」「毛穴角栓」「マイクロコメド(ニキビの元)」「白ニキビ」など様々な言葉が出てきますが、いまいち違いがよくわかりませんよね。。

 

結論から言いますと、上記の言葉は白ニキビ(コメド/ニキビの初期段階)を表す際に使われています。

 

ニキビは毛穴の皮脂、細菌(アクネ菌など)、ホルモンバランスの乱れなどが、

お互いに作用し毛穴が詰まり(毛穴角栓)、炎症を起こすことで発生します。

 

そのため、皮脂が多く分泌されたり、たまりやすい場所に多く出来てしまいます。

 

 

コメド(角栓)/マイクロコメド(ニキビの元)/白ニキビとは

 

・毛穴が詰まり、乾いた皮脂や角質が毛穴にたまった状態のこと

 

・目に見えないほど小さくたまったものをマイクロコメドという

 

・白ニキビ(別名コメド)は一般的にはコメドと呼ばれている。

 

コメドの意味合いを簡単に説明するとこんな感じになります。

 

【ルナメアAC 白ニキビ】コメドはニキビの初期段階?

引用:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/contents/lunapla/contents_vol28.html

 

白ニキビは一般的に「コメド(ニキビのもと)」と呼ばれている、ニキビの初期段階のことです。

 

毛穴に角質がたまり、皮脂汚れが毛穴に詰まってフタをした状態(毛穴角栓)で、

毛穴が閉じてはいるのですが、肌の表面にそれが少し出てくるので、プツプツ・ポツポツとした状態に見えます。

 

炎症は起こしていない状態なので、痛みなどはないのですが、ケアせずそのままにしておくと、炎症を起こしてニキビが悪化してしまいます。

 

【ルナメアAC 黒ニキビ】毛穴角栓/毛穴がつまってるのに開いてる?

引用:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/contents/lunapla/contents_vol28.html

 

黒ニキビは、毛穴の中にたまった皮脂汚れが肌の表面に見えた状態で、わかりやすくいうと毛穴が開いて中にたまった角質や皮脂汚れが、見えてしまっている状態のことです。

 

黒ニキビは空気中の酸素によって皮脂や角質が酸化してしまうために、黒くみえてしまいます。

 

白ニキビと同様に、黒ニキビも炎症を起こしているわけではないので、痛みはないのですが、そのままにしておくと炎症を起こしてニキビが悪化してしまいます。

 

また、白ニキビより目立ってしまうので、メイクで隠すのも難しくなってしまう場合もあります。

 

コメド(毛穴角栓)、白ニキビ、黒ニキビと様々な呼び方はありますが、基本的にはニキビの初期段階なので、余分な皮脂汚れや古い角質をしっかり洗い流して、清潔に保つこと。

 

さらに肌や毛穴をしっかりと保湿して、毛穴や肌の乾燥を予防することでニキビ悪化を防ぐことができます。

 

そして、ニキビのもと(コメド)が誘発されない処方のノンコメドジェニックテスト済みニキビ化粧品を選ぶことを重要です。

 

ニキビの初期段階の時こそ、皮脂汚れをしっかり落とし、保湿もできるニキビケア化粧品を選ぶことが大切です。

 

 

【ルナメアAC 臭い】無香料/無香タイプで不快なニオイのない大人ニキビ化粧品

様々なニキビ化粧品が販売されていますが、中には香りが強かったり、不快な臭い(ニオイ)と感じる化粧品もあります。

 

肌に直接つけるものなので、不快な臭い(匂い)がする化粧品、香料が含まれている化粧品など、肌に刺激を与える商品は避けた方がいいでしょう。

 

【ルナメアAC 土のニオイ】洗顔料はクレイ(粘土)配合で余分な皮脂汚れを吸着

ルナメアACニキビケア化粧品は「無香料」ですが、無香料とはいってもその他の成分のニオイはありますが、基本的に不快なニオイはありません。

 

しかし、ファイバースクラブ(洗顔料)には、皮脂汚れ吸着のため、フランス産クレイ(天然の泥)が配合されていますので、少し土のニオイがする場合があります。

 

私は全く不快に感じない匂いと感じているのですが、人によっては不快な臭いと感じてしまう人もいるかもしれません。

 

まずは、商品を購入する前に、1週間お手入れキット(トライアルセット)等で確認してみることをおすすめします。

【ルナメアAC 無香料】敏感肌でも安心して使える口コミで人気の洗顔料/化粧水

敏感肌の人、アトピー肌の人は特に気になると思いますが、香料などの添加物は肌に刺激を与えてしまう場合がありますので、なるべく避けたい成分だと思います。

 

特に石油系で作られた合成香料は、皮膚炎や発がん性などが指摘されていて、できれば肌にはつけたくない成分です。

 

一方で天然の香料もありますが、合成ではなく天然香料でも、人によっては肌に刺激を感じたりする場合もありますので、絶対に安全というわけではなりません。

 

また、無香料の化粧品であっても、全くニオイがしないわけではなく、他の成分や原材料の香り(ニオイ)はありますので、全くの無臭ではありません。

 

ルナメアACの洗顔料は成分としてクレイ(天然の泥)が配合されていますので、少し土のニオイがする場合があります。

 

また、クレンジングオイルは爽やかなオレンジの香りがします。

 

ルナメアACは無香料のニキビ化粧品で、肌に刺激を与えるような香料は不使用ですので、敏感肌やアトピー肌の人でも安心して使用できます。

 

 

【ルナメアAC 妊娠】妊娠中/妊娠後/授乳中でも安心して使えるニキビケア化粧品

妊娠したらニキビが急に増えた、肌荒れがひどくなったという声をよく聞きますがなぜでしょうか?

 

妊娠するとホルモンバランスが変化したり、つわりによる栄養の偏りなど様々な要因が重なり、肌が弱くなったり(脆弱になり)、ニキビが増えてしまう場合があります。

 

妊娠後/妊娠中のニキビには、特に肌の刺激が少ないニキビ化粧品を選ぶことが重要です。

 

【ルナメアAC 妊婦】妊娠初期/妊娠中の敏感な肌にも使えて赤ちゃんにも安心

妊婦さんでニキビに悩んでいる人は結構多いと思います。

 

今までニキビなんて無かったのに、妊娠してから急にニキビが出来たという方も少なくありません。

 

妊婦さんのニキビの原因は様々ありますが、一番の要因は「ホルモンバランスの変化」です。

 

引用:https://www.tsurukawadai.jp/column/20180805

 

妊娠が成立すると、以下の変化が起きます。

 

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の作用によって、

 

・エストロゲン(卵胞ホルモン)

 

・プロゲステロン(黄体ホルモン)

 

の分泌が増加します。

 

妊娠初期には、エストロゲン(卵胞ホルモン)よりも、皮脂の分泌を促進させるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が大幅に増加します。

 

そのため、妊娠すると皮脂が多量に分泌され、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

個人差はあるのですが、一般的に妊娠20週頃からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が、プロゲステロン(黄体ホルモン)を追い越して増加し始めるので、その辺りからニキビの症状が軽減していくことが多いです。

 

ホルモンバランスの変化によって、ニキビが出来やすくなってしまうのは仕方のない生理現象なのですが、それでもニキビは嫌ですし、早く治したいですよね。。

 

妊婦さんのニキビケアには、ホルモンバランスの変化によって増加した皮脂をしっかり落とし、さらに妊娠前と比べて肌が弱くなっていますので、低刺激の化粧品を選ぶことが重要です。

 

その点、ルナメアACは、肌への刺激が少ない低刺激の化粧品で、皮脂汚れもしっかり洗い流してくれるので、皮脂が多くなった、肌の敏感な妊婦さんにもおすすめのニキビ化粧品です。

【ルナメアAC 妊娠後】妊娠初期/妊娠中/妊娠後期に増えたニキビへの効果と安全性

妊婦さんはホルモンバランスの変化によって、皮脂の分泌が増加して、ニキビが出来やすくなることを説明しましたが、その他にはどのような原因があるのでしょうか?

 

【ルナメアAC 妊娠初期】妊娠後にニキビ増えたのは何が原因?

 

妊娠後/妊娠初期のニキビの原因は様々ありますが、多いのは以下の2つが多いです。

 

妊娠後/妊娠初期のニキビの原因

 

・ホルモンバランスの変化によって皮脂量が増加

 

・つわりによる栄養の偏り

 

 

ホルモンバランスの変化による皮脂量の増加が大きな原因ではありますが、妊娠後の辛い「つわり」もニキビの要因になってしまう場合があります。

 

 

「つわり」の原因は?

 

・hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が嘔吐(吐き気)中枢を刺激する

 

・ホルモンバランスの変化で自律神経のバランスが乱れる

 

 

つわりの原因はこのように言われていますが、あくまで仮説で特定はされていないようです。

 

 

「つわり」の症状とは

 

・吐き気(嘔気)が出たり、吐いたりする(嘔吐)

 

・においに敏感になってしまう

 

・食べ物の好みが変わる

 

・眠気

 

・イライラしたり、頭痛がする

 

引用:http://www.unicharm.co.jp/moony/hajimete/ninshin/lesson08.html

 

など、様々な症状があります。

 

「つわり」の最中は、吐き気や嘔吐などで、食べ物が思うように食べられない、逆に脂っこい物が食べたくなったりと、栄養が偏ってしまうことが多いと思います。

 

栄養が偏ることで、ニキビが出来やすい肌環境になってしまう場合があります。

 

そのため、栄養が偏らないようにする必要がありますが、「つわり」の最中は正直、栄養のことなんて考えられないくらい辛い時もありますよね。。

 

そんな時は無理にバランスよく食べる必要はなく、お腹の中の赤ちゃん(胎児)に必要な栄養が取れればOK。

 

このくらいの心構えでいいと思います、足りない栄養はサプリメントなどで補うことで補充しましょう(主治医への確認をおすすめします)。

 

なるべく栄養が偏らないよう工夫しつつ、皮脂量の増加した肌へのケアは、低刺激のニキビ化粧品で、肌にやさしいニキビ対策をしていきましょう。

 

ルナメアACは「無香料」「合成着色料不使用」で、妊娠中でも使えるニキビ化粧品ですので、妊婦さん、赤ちゃん(胎児)に対して安全性もあり、安心して使えます。

【ルナメアAC 妊娠中】妊婦さんの肌質変化によるニキビ悪化の原因

妊娠中の妊婦さんにニキビが増えてしまう原因として、ホルモンバランスの変化、つわり等の原因があることを説明してきましたが、他の要因もあるのでしょうか?

 

 

妊娠中のニキビの要因として考えられること

 

・便秘

 

・睡眠不足

 

ホルモンバランスの変化、つわり以外の要因としては、上記の二つが考えられます。

 

【妊娠中の便秘】

妊娠中は様々な原因で、便秘が起きやすくなってしまいます。

 

・プロゲステロン(黄体ホルモン)が子宮・大腸の収縮を抑える

 

・子宮内の胎児の成長によって、胃や腸が圧迫されて便通が悪くなる

 

・妊娠前よりも運動不足になってしまう

 

便秘になってしまうと、便(老廃物)が腸内に留まってしまい、腸内細菌の作用で発生した毒素が体外に排出されないことになります。

その毒素が体内に吸収されてしまうことで、肌にトラブルを起こしてしまう場合があります。

 

便秘は辛いので早く解消したい気持ちはわかりますが、妊娠中の「下剤」の使用は基本的にNGです。

 

 

NGな便秘薬や成分

 

・センノシド(センノサイド)

 

・センナ、センナ茶など

 

便秘薬や排便促進作用のある成分は、子宮の収縮を促進してしまう場合があるためNGとなっています。

食物繊維の摂取や軽い運動などで対策しましょう。

 

【妊娠中の睡眠不足】

 

妊娠中は「つわり」があったり、ホルモンバランスの変化で疲れやすかったり、怠かったり、眠気等があり、昼間に仮眠することが多くなったりします。

 

また、赤ちゃん(胎児)の成長にともなって、子宮が拡大し膀胱が押されて、夜間にトイレが近くなる夜間頻尿になる場合もあります。

 

これらの要素で睡眠不足になり、ホルモンバランスがさらに乱れて、ニキビが出来やすくなるという悪循環になってしまうことが考えられます。

 

夜間の睡眠を確保できるように、昼間はなるべく仮眠はせずに過ごすなどの工夫が必要になります。

【ルナメアAC 授乳中】出産後ニキビや敏感肌にも使える安全性の高いニキビ化粧品

妊娠、出産と大イベントを乗り越えて、ようやくニキビが治ると思っていたのに、出産後(産後)、授乳中までニキビが続いていて、困っている人も多いと思います。

 

これまで、妊娠の成立から妊娠初期にホルモンバランスの変化で、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加することで皮脂が多量に分泌されてしまい、ニキビが増えてしまうことを説明してきました。

 

しかし、出産後(産後ニキビ)や授乳中になってもニキビが続いてしまうのは、なぜでしょうか?

【ルナメアAC 出産後】妊娠期だけでなく出産期や産後まで続くニキビの原因

引用:https://www.tsurukawadai.jp/column/20180805

 

妊娠中のニキビは、妊娠初期が出来やすく、エストロゲン(卵胞ホルモン)が増加する、妊娠中期から妊娠後期にはニキビが落ち着いてくるのが一般的です。

 

しかし、ニキビの発生は、ホルモンバランスはもちろん、その他の食生活、生活環境に影響されますし、個人差が大きいので人によっては、出産後や授乳中、産後の初めての生理の時までニキビが続いてしまう場合もあります。

 

出産後、授乳中、その後の生理の後までニキビが続いてしまうのは辛いですよね。

 

妊娠中と比べて体への負担は軽減するとはいえ、出産後は育児もありますので、睡眠時間が不規則になってしまうこともニキビの要因になってしまいます。

 

出産後、授乳中で大変だとは思いますが、ニキビケアを怠ってしまうと、皮脂汚れが毛穴に詰まってしまい、ニキビが悪化してしまいますので、ニキビ肌のケアはしっかりと行いましょう。

 

【ルナメアAC】授乳中の正しい肌ケア/ニキビケア方法

妊娠中はもちろん、授乳中も忙しいママさん、できるだけ早めにニキビを改善したいと

 

思ってしまいますよね。。

 

忙しい中でもニキビケアをしっかり行うことで、ニキビは改善・予防できます。

 

ここでは、正しいニキビケア(肌ケア)の方法をご紹介します。

 

1.皮脂汚れを低刺激の洗顔料で洗い流す

 

妊娠中、出産後でも変わらないのですが、ニキビケアで一番大切なのは、皮脂の汚れを落とし、肌(皮膚)を清潔に保つことです。

 

特にホルモンバランスの変化で、皮脂が多量に分泌されている状態なら洗顔はとても重要です。

 

・肌質によって異なりますが、皮脂量の多い人なら一日2回(朝と夜)。

 

・乾燥肌の人なら最低でも夜一回の洗顔は必要。

 

肌に刺激を与えてしまうと逆効果なので、低刺激のニキビ専用の洗顔料でやさしく皮脂を洗い流しましょう。

 

2.肌の奥まで浸透する化粧水でしっかり保湿

 

低刺激の洗顔料で皮脂汚れをしっかりと洗い流すことがニキビケアの基本ですが、洗顔で皮脂を落とした後は、しっかりと保湿することも大切です。

 

洗顔料の洗浄成分で皮脂の汚れを洗い流すときに、どうしても肌に必要な皮脂まで落ちてしまいます。

 

必要な皮脂が落ちてしまっている状態では、肌は乾燥しており、その状態を改善するために肌は必要以上の皮脂を分泌してしまい、新たなニキビの発生の原因にもなってしまいます。

 

洗顔で皮脂を洗い流した後は、化粧水や化粧品でしっかりと保湿することで、肌や毛穴の乾燥を防ぎ、ニキビ改善・予防につながります。

 

【ルナメアAC】授乳中におすすめの化粧品/化粧水

妊娠中のケア同様に、肌や毛穴の皮脂汚れをしっかり除去して、肌の保湿を行えるニキビケア化粧品で肌ケアすることをおすすめします。

 

また、出産後、授乳中でも妊娠前の肌に完全に戻ったわけではなく、刺激に弱く敏感な肌の状態が続いていますので、低刺激のニキビ化粧品/化粧水を使用した方がいいでしょう。

 

その点、ルナメアACは出産後や授乳中でも問題なく使える化粧品なので、お肌が敏感になり、皮脂量の多い、出産後の女性におすすめできる化粧品/化粧水です。

 

 

【ルナメアAC アトピー】アトピー肌/アトピー性皮膚炎でも安心の低刺激なニキビ化粧品

アトピー性皮膚炎/アトピー肌の人は皮膚の炎症はもちろんですが、角質の水分量が著しく低下している状態です。

 

そのため肌や毛穴が乾燥しやすくニキビが出来やすい状態、また肌が脆弱(もろくなる)になってしまい、よけいに傷つきやすくなっています。

 

アトピー肌の人は、肌に低刺激で負担をかけないニキビ化粧品を選ぶことが重要です。

 

【ルナメアAC アトピー性皮膚炎】乾燥肌/アトピー肌でも使える低刺激のニキビ化粧品

アトピー性皮膚炎は、痒み(かゆみ)と湿疹を中心とした、改善と悪化を繰り返す皮膚疾患のことで、肌が極度に乾燥し、特に辛い症状は「強いかゆみ」です。

 

アトピー性皮膚炎の原因はハッキリとはわかっていませんが、遺伝と環境が大きな要因と言われています。

 

アトピー性皮膚炎の原因

 

「遺伝的な要因」

 

・家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合

 

・アレルギー体質の人

 

 

 

「環境要因による刺激」

 

・ハウスダスト

 

・化学薬品

 

・皮膚への刺激(物理的な)

 

・皮脂汚れ・汗・紫外線など

 

・アレルゲン

 

引用:https://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/medication/

 

【ルナメアAC アトピー肌】アトピー性皮膚炎になると肌はどうなるの?

アトピー性皮膚炎の皮膚の状態

 

・皮膚のバリア機能が弱まってしまう

 

 

・水分の保持が難しく乾燥している

 

 

・皮膚の乾燥により外部刺激に対して弱くなる

 

 

・乾燥によりひどい痒みが出てしまう

 

引用:https://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/medication/

 

アトピー性皮膚炎の人の肌は、皮膚が脆弱(もろい状態)になっているので、皮膚刺激によって乾燥しやすく、かゆみが発生しやすい状態です。

 

そして皮膚を掻いてしまうことで、さらに皮膚に刺激が加わることで、乾燥が増しよけいに痒くなってしまうという悪循環が起きてしまいます。

 

アトピー性皮膚炎/アトピー肌の人のスキンケア/ニキビケア

 

アトピー性皮膚炎の標準的な治療のひとつは、「肌のスキンケア」です。

 

アトピー性皮膚炎は症状が悪くなったり、良くなったりを繰り返してしまいますが、症状が悪い時も良い時もスキンケアをしっかり行うことが重要です。

 

正しいスキンケア方法

 

・肌に刺激の少ない低刺激の洗顔料でやさしく洗顔

 

 

・洗顔料をしっかりと洗い流す

 

 

・化粧水でしっかり保湿

 

 

・必要時に保湿剤や軟膏で二重の保湿を行う

 

 

ルナメアACは低刺激のニキビケア化粧品で、敏感肌やアトピー肌の人でも使える商品ですので、アトピー性皮膚炎の人にもおすすめのスキンケア/ニキビケアにおすすめです。

 

ただし、湿疹が酷い場合、発疹が出ている場合は、アトピー性皮膚炎、ニキビの悪化を防ぐため、必ず使用前に皮膚科を受診し、医師の指示を受けてください。

 

 

【ルナメアAC パッチテスト】肌荒れやニキビ悪化/副作用が気になるなら事前にテスト

ニキビを改善・予防する効果のある化粧品は様々ありますが、アレルギー反応が気になる人、かゆみなどの副作用が気になる人は、顔に使う前に、事前にパッチテストすることをおすすめします。

 

 

パッチテストとは?

 

・皮膚の炎症やアレルギー反応有無を調べるテスト

 

・背中や腕の内側などに塗って確かめる

 

・事前にアレルギー反応を安全に確認することが出来る

 

 

目立たない場所でアレルギー反応を安全に確認する方法がパッチテストです。

 

 

自宅で出来る化粧品のパッチテスト方法

 

・腕の内側を石けんで洗い、水分をやさしくふきとる

 

 

・洗った腕の内側にテストしたい化粧品をごく少量塗る

 

 

・30分ほど経った後に炎症やかゆみが無ければ、1日ほどそのままで様子見

 

 (入浴はなるべく避ける、入浴する場合は塗った部分は洗わない)

 

 

・パッチテスト後に肌への炎症やかゆみがなければ、肌トラブルの危険性は低い

 

※個人差がありますし、肌トラブルが全く起きないわけではありませんので、その点ご了承ください。

 

肌が敏感な人にもおすすめのルナメアACニキビ化粧品ですが、1週間お手入れキット(トライアルセット)が気軽に試せる価格(1080円(税込))になっています。

 

トライアルセットは安く購入出来ますので、購入前の皮膚のパッチテストには最適な商品です。

 

 

【ルナメアAC 副作用】肌荒れ/ニキビ悪化?安全性の高いニキビ化粧品

ルナメアACニキビケア化粧品の口コミや効果を調べていると、副作用やニキビが悪化したという声が多いように感じます。

 

ルナメアACに限らず、すべての化粧品はその配合成分によって、肌に合う合わないは必ず出てきますので、残念ながら副作用が全くないという化粧品はありません。

 

そのため、副作用や肌荒れが気になる方は、事前にパッチテストすることをおすすめします。

化粧品と医薬部外品の違いとは?

ルナメアACの化粧水とジェルクリームは「医薬部外品」の化粧品です。

 

化粧品と医薬部外品の違いは以下のようになっています。

 

化粧品とは

 

・美容や清潔を目的に開発された商品

 

・効能、効果は認可されていないので表示はできない

 

 

 

医薬部外品とは

 

・厚生労働省が認可した有効成分が一定の濃度で配合されている

 

・製造販売には個別の商品ごとに厚生労働大臣の承認が必要

 

・医薬品ほどの強さはないが、予防/防止効果が認められている

 

引用:http://www.pmda.go.jp/files/000160692.pdf

 

このような違いがあります。

 

医薬部外品は個別に審査・承認が必要ですので、一般的な化粧品よりも肌への安全性や効果・効能の信頼性は高いということになります。

 

またニキビの改善・予防効果は通常の化粧品にはありません。

 

そのため、ニキビを改善・予防したいなら医薬部外品のニキビケア化粧品を使う必要があります。

 

【ルナメアAC ニキビ悪化】肌質悪化/効かない?本当の効果と口コミ

ニキビを改善したいのに、ルナメアACを使ったら逆にニキビが悪化した。

 

という口コミや情報がネット上にありますが、ニキビ悪化の原因はルナメアACにあるのでしょうか?

 

化粧品は人によって合う合わないがありますので、ルナメアACがお肌に合っていない人はニキビが悪化してしまう場合もあると思います。

 

しかし、ニキビケアを行っているのにニキビが増えたり、新たにニキビが出来てしまう場合、他に原因があるかもしれません。

 

【ルナメアAC 吹き出物 悪化】赤ニキビ/白ニキビ/ニキビが増えた原因は?

ルナメアACがお肌に合っていないわけではない気がするのに、なぜかニキビが出来てしまう時に確認して欲しいことがあります。

 

確認ポイント1 皮脂を落としすぎている?やさしく洗顔/洗顔回数にも注意

皮脂汚れや毛穴のつまりを洗い流すのはニキビケアにおいて重要なことですが、強くこすってしまったりすると摩擦による刺激によって、肌のバリア機能が低下してしまう場合があります。

 

また、皮脂汚れを落としたいからといって、一日に何回も洗顔してしまうと肌に余計な負担や刺激を与えてしまい、赤ニキビなどニキビの悪化、白ニキビなどの新たなニキビ発生の原因になってしまいますので、洗顔回数は最大でも一日に2回までにしておきましょう。

 

皮脂を落とすことも大切ですが、ある程度の皮脂は肌の保護のために必要です。

 

皮脂を落としすぎることで、肌が乾燥してしまったり、逆に不足した皮脂を補おうとして皮脂が過剰分泌されてしまうことがありますので、注意が必要です。

 

確認ポイント2 化粧水や乳液、保湿美容液などを何個もつけていませんか?

本来、お肌は正常な状態に戻す機能が備わっていますので、健康的な肌の状態であれば、肌の皮脂汚れや毛穴つまり等を洗浄するだけで、また人によっては化粧水を軽く塗るだけで、スキンケアとして十分なんです。

 

しかし、洗顔した後に、化粧水を使って、さらに美容液や乳液などを重ね塗りしてしまうと、肌は自ら肌を保湿したり潤す機能が低下してしまう場合があります。

 

そのため、お肌に良い化粧品や成分であっても、過剰なスキンケアは肌本来の力や肌のバリア機能を低下させてしまい、ニキビの悪化、新たなニキビの発生の要因になってしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

【ルナメアAC 】クレンジングでニキビが増える?悪化することもある?

ルナメアACのメイク落とし(クレンジングオイル)を使って、逆にニキビが増えたり、悪化することってあるのでしょうか?

 

脂性肌の人ですと、クレンジングオイルの油分がニキビ悪化の原因になってしまったり。

 

乾燥肌の人ですと、クレンジングオイルで皮脂が落ちすぎて乾燥してしまい、ニキビが悪化する原因になっている可能性があります。

 

しかし、ルナメアACのクレンジングオイルは、オイルではありますがノンコメドジェニックテスト済みで、可能な限り油分を少なくし、ニキビが出来にくい成分配合になっています。

 

また、ハーバルモイストを配合し、うるおいを保ちながらやさしくメイク汚れを洗い流してくれますので、乾燥しにくいクレンジングオイルになっています。

 

もしルナメアACを使ってニキビが悪化してしまった場合は、別の原因があるかもしれません。

 

ニキビが悪化してしまうクレンジング方法とは?

 

・力を入れてゴシゴシ洗っている

 

・長時間クレンジングしている

 

・クレンジングを何回もやってしまう

 

メイクをしっかり落としたいからといって、強くゴシゴシ擦ってしまうと、肌への刺激や負担になってしまいます。

 

また、メイクを落とすために長時間クレンジングしてしまうのもNGで、肌への刺激になりますので、約1分ほどで洗い流しましょう。

 

メイクが一回で落ちたのか気になって、2度洗いしてしまうのもあまりよくありません。

 

メイクを落とす際には、やさしくなでるように短時間で洗い、クレンジング成分が肌に残らないようにしっかりと流すことが大切です。

 

もし、1週間以上クレンジングオイルを使って、上記のように正しく使っているのにニキビが悪化したり、ニキビが増えてしまう場合は、お肌に合っていない可能性がありますので、別の化粧品に変えるなどの対策が必要かもしれません。

 

【ルナメアAC 毒性】注意すべき成分や副作用/安全性の高いニキビケア化粧品

ニキビケア化粧品を調べていると、毒性や注意すべき成分、安全性などを気にされている方が多いことがわかります。

 

確かにそうですよね、お肌に直接つける化粧品ですから、配合されている成分の毒性や安全性はとても気になることだと思います。

 

今回はルナメアACに配合されている成分に毒性はないのか、注意すべき成分はないのか、安全に使えるのかを説明したいと思います。

 

【ルナメアAC 成分解析(毒性判定)】危険成分は含まれてる?副作用は?

 

ルナメアACに限らず他のニキビケア化粧品もそうですが、無添加化粧品といっても、完全無添加の化粧品は少なく、ある程度の添加物は配合されています。

 

もちろん、お肌への刺激が最小限になるように工夫されていますので、添加物が含まれているからといって、全てがお肌に悪影響というわけではありません。

 

しかし、お肌に直接使うニキビ化粧品ですので、自分が使う化粧品に配合されている添加物については、知っておきたいですよね。

 

ニキビ化粧品に配合されている成分で特に注意すべき成分は

 

・合成界面活性剤(皮脂を溶かし洗い流す)

 

・合成ポリマー(お肌の保湿のため)

 

・防腐剤(細菌の発生予防)

 

・エタノール/アルコール(肌を引き締める効果)

 

この4つになります。

 

ほとんどのニキビケア化粧品に配合されている成分ですが、肌質や人によって肌に刺激を感じてしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

【ルナメアAC 注意すべき成分】ニキビ化粧品の毒性と安全性

ここでは、ルナメアACニキビ化粧品に配合されている成分の中で、人によって肌の刺激となる可能性のある成分をまとめてみました。

 

【ルナメアAC 】クレンジングオイルの成分毒性

成分名 成分(役割)
トリラウリン酸ポリグリセリル-10 非イオン系の界面活性剤
エタノール 溶剤、可溶化剤、収れん剤、アルコール
オレイン酸ポリグリセリル-10 合成界面活性剤、乳化剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
フェノキシエタノール 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

 

【ルナメアAC 】洗顔料(ファイバーフォーム)の成分毒性

成分名 成分分析(役割)
EDTA-2Na キレート剤、殺菌防腐剤
メチルパラベン 防腐剤
エタノール アルコール、防腐剤
ポリクオタニウム-7 陽イオン界面活性剤
ステアレス-13 合成界面活性剤、乳化剤
PEG-150 合成ポリマー、結合剤
BG 保湿剤、粘度低下剤
ステアリン酸グリセリル(SE) 合成界面活性剤、乳化剤
ココイルメチルタウリンNa 合成界面活性剤、洗浄剤
PEG-6 合成ポリマー、溶剤
PEG-32 合成ポリマー、結合剤

 

【ルナメアAC 】化粧水(スキンコンディショナー)の成分毒性

 

スキンコンディショナー(ノーマルタイプ)
成分名 成分(役割)
大豆リン脂質 合成界面活性剤、乳化剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
PEG1000 合成ポリマー、結合剤
ペンチレングリコール 溶剤、殺菌剤、感触改良剤
ヒドロキシエチルセルロース 合成ポリマー、結合剤
POEフィトステロール 合成界面活性剤、乳化剤
ポリオキシブチレンポリオキシエチレン

 

ポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)

合成界面活性剤
オレイン酸ポリグリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
POE水添ヒマシ油 合成界面活性剤、乳化剤
無水エタノール 溶剤、可溶化剤、収れん剤、アルコール
フェノキシエタノール 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

 

スキンコンディショナ(しっとりタイプ)
成分名 成分(役割)
大豆リン脂質 合成界面活性剤、乳化剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
DPG 香料、溶剤、粘度低下剤
PEG1540 合成ポリマー、結合剤
POEメチルグルコシド 合成界面活性剤、乳化剤
POEフィトステロール 合成界面活性剤、乳化剤
ポリオキシブチレンポリオキシエチレン

 

ポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)

合成界面活性剤
オレイン酸ポリグリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
POE水添ヒマシ油 合成界面活性剤、乳化剤
無水エタノール 溶剤、可溶化剤、収れん剤、アルコール
フェノキシエタノール 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤
メチルパラベン 防腐剤、パラベン

 

【ルナメアAC 】ジェルクリームの成分毒性

成分名 成分(役割)
大豆リン脂質 合成界面活性剤、乳化剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
ペンチレングリコール 溶剤、殺菌剤、感触改良剤
カルボキシビニルポリマー 合成ポリマー、乳化安定剤
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体 合成ポリマー、皮膜剤
ミリスチン酸デカグリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
親油型モノステアリン酸グリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
メチルフェニルポリシロキサン 合成ポリマー、閉塞剤
ステアロイルグルタミン酸Na 合成界面活性剤、洗浄剤
オレイン酸ポリグリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
エタノール 溶剤、可溶化剤、収れん剤、アルコール
無水エタノール 溶剤、可溶化剤、収れん剤、アルコール
フェノキシエタノール 防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

引用1:https://bihada-mania.jp/brand/2013

引用2:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/products/ac_list.html

 

ルナメアACニキビ化粧品の気になる成分を表でまとめてみましたが、こうやって見てみると、結構色んな成分が配合されているんですよね、化粧品って。

 

こんなに気になる成分が配合されているなら使うのやめようかな。。

 

そう思ってしまう気持ちも出てしまうと思いますが、ルナメアACは肌への刺激を最小限にニキビケアが出来るように衛生面も考えて、配合成分の内容や量を調整しています。

 

そのため、これらの成分が含まれているからといって、必ず肌に悪影響、刺激や負担を与えるというわけではありません。

 

気になる方は、使用前に事前のパッチテストをおすすめします。

 

【ルナメアAC】 思春期ニキビにエタノールは厳禁って本当?

ネット上には、思春期ニキビをエタノールで治す方法などがありますが、ニキビには基本的にエタノールは刺激が強すぎるためNGです。

 

エタノールによってニキビが悪化したり、肌がヒリヒリしたりする場合がありますので注意が必要です。

 

ルナメアACにも極少量ではありますがエタノールが含まれていますので、使用前にパッチテストを行う、またはエタノールに敏感な人は他のアルコールフリー化粧品をおすすめします。

【ルナメアAC 合わない】ニキビ悪化/赤ニキビ/白ニキビが増えた?悪い口コミは本当?

ネット上やアットコスメには、ルナメアACを使っていてニキビが悪化した、ヒリヒリする、かゆくなる、乾燥するなどの口コミや情報があります。

 

ルナメアACは低刺激で、お肌もしっかり保湿してくれるニキビ化粧品ですが、肌質は人によって異なりますので、合う合わないがどうしても出てしまい、ヒリヒリしたり悪化したりする場合もあります。

 

そのため、トライアルセットなどで事前にパッチテストを行うか、1週間は使ってみてそれでもお肌に合わないと感じた場合は、他の化粧品に変えた方がいいかもしれません。

 

【ルナメアAC】ニキビ洗顔でヒリヒリしたり痛い時の原因は?

ルナメアAC洗顔料で洗顔したら、肌がヒリヒリしたり痛い時はどんな原因があるのでしょうか?

 

ルナメアACが、お肌に合っていない場合もありますが、極度の敏感肌の人やアトピー肌の人の場合、肌への刺激によって痛みが出たり、ヒリヒリしてしまう場合があります。

 

また、洗顔の際に皮脂汚れを落としたいということで、強く洗いすぎてしまう場合も肌がヒリヒリしてしまうことがあります。

 

お肌に合わない場合は別の化粧品を使うことをおすすめしますが、洗顔の際に強く洗いすぎている場合は、やさしく洗うだけで肌のヒリヒリ感が改善されるかもしれません。

 

【ルナメアAC】洗顔したら肌が乾燥/カサカサでかゆい!つっぱる時の原因は?

ルナメアACファイバーフォームは低刺激の洗顔料ですが、人によってはその洗浄成分が強すぎて、皮脂が必要以上に洗い流されてしまう場合があります。

 

肌のうるおいを保ったり、肌のバリア機能維持のためには、ある程度の皮脂は必要です。

 

洗顔した後やクレンジング後に、つっぱる、カサカサする、肌荒れしてしまう場合は、皮脂が落ちすぎているかもしれません。

 

特に乾燥肌の人に多い症状だと思います。

 

そのため、乾燥肌の人は洗顔料でやさしく皮脂を洗い流した後は、しっかりと保湿を行う必要がありますし、乾燥が酷い場合は他のニキビ洗顔料の使用をおすすめします。

 

また、乾燥肌ではないのに、1週間以上もヒリヒリしたり痛みがある場合は、アレルギー反応が出ている場合もありますので、注意が必要です。

 

使用前に事前にパッチテストを行った方がいいでしょう。

 

【ルナメアAC】肌がべたつく場合やテカリが出てしまう際の原因は?

特に脂性肌の人に多いと思いますが、ルナメアACで洗顔したら、逆に肌がべたついたり、おでこにテカリが出てしまうことがあります。

 

元々皮脂量の多い脂性肌の人が、ルナメアAC洗顔料を使うことで、皮脂汚れがしっかり洗い流されるのは良いことなのですが、必要以上に皮脂が落ちすぎてしまい、足りない皮脂を補おうとして、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

その場合、皮脂が過剰になり、肌がべたついたり、テカリが出てしまう結果になってしまいます。

 

こんな時は、やさしく洗顔した後に、肌に足りないうるおいを化粧水などで、しっかり保湿することで、過剰な皮脂の分泌を防ぎ、べたつきやテカリを抑えることができます。

 

【ルナメアAC】肌が赤くなるのはなぜ?好転反応とは

ルナメアACは、ニキビを改善・予防してくれる有効成分で、ニキビの炎症を抑えて、肌の保湿までしっかりと行ってくれます。

 

それなのに、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするのはなぜでしょうか?

 

肌にルナメアAC化粧品が合っていない場合もありますが、その反応はもしかしたら「好転反応」と呼ばれる反応かもしれません。

 

お肌は健康な状態であれば、肌を清潔にしているだけで、自然に回復する力を持っています。

 

しかし、ニキビの炎症を起こしている場合は、肌のバリア機能や正常な回復力が乱れてしまっている場合が多くあります。

 

ニキビ化粧品を使うことで、その乱れた肌の機能を正常化させる方向に力が働くので、健康な肌の状態に向かう中で、一時的に肌が赤くなったり、ヒリヒリしてしまう反応が起こる場合があります。

肌が正常な状態に戻る際に、肌の奥から新しい肌(角質)が生み出されて、皮膚表面の古い角質と入れ替わることを「ターンオーバー(新陳代謝)」と呼びますが、この反応が起こっているということです。

 

ルナメアACでニキビケアしているのに、ニキビが悪化していると感じてしまう場合は、もしかしたら悪化ではなく、肌が良くなる前に一時的に赤くなったりする「好転反応」と呼ばれる反応かもしれません。

 

お肌に合わない場合は別ですが、2週間は最低でも使い続けることで、ニキビへの効果が徐々に出てきますので、継続使用することをおすすめします。

 

ただ、肌への相性は個人差がありますので、明らかにお肌に合っていないと感じる場合、赤くヒリヒリと痛い、使い始める前よりもかなり悪化してしまった。

このような場合は、ご自分のお肌の健康を優先し、すぐに使用を中止して無理に使い続けないようにしてください。

 

【ルナメアAC 向いていない】効果ない/副作用/ニキビ悪化?向いていないのはどんな人?

ルナメアACは普通肌から混合肌、敏感肌、乾燥肌、脂性肌、アトピー肌の人など、様々な肌質の人におすすめできるニキビケア化粧品です。

 

しかし、実はルナメアACが向いていないニキビもあります。

 

【ルナメアAC】重症ニキビはニキビ化粧品だけでは治せない?

 

それは、「重症化したニキビ」です。

 

通常ニキビは以下のように進行していきます。

 

コメド(毛穴角栓)(炎症なし)

 

 

白ニキビ(炎症なし)

 

 

黒ニキビ(炎症なし)

 

 

赤ニキビ(炎症あり

 

 

黄ニキビ(炎症・膿あり

 

 

嚢腫(のうしゅ)(膿が溜まった状態

 

 

引用:https://www.mediage.co.jp/menu/nayami-nikibi/

 

炎症を起こし、膿が出てきた段階の黄ニキビや重症ニキビの嚢腫(のうしゅ)の状態では、ニキビ化粧品だけでは治すことは出来ません。

 

さらに、悪化することでニキビ跡が残ってしまうことも多いため、皮膚科や医療機関を受診してしっかりと治療する必要があります。

 

もちろん、皮膚科との治療と併せて、ルナメアACを使うことは可能ですが、ニキビの状態によって異なると思いますので、必ず医師に相談してください。

 

ニキビケア化粧品だけでは治すことの出来ないニキビもありますので、ニキビが悪化して痛みを感じる場合、炎症がひどい場合は無理をせず、皮膚科を受診することをおすすめします。